コラム「秋田犬が保護犬になる理由」ここまでのまとめ


上目遣いで妙にプリティーさをアピールしているところです。プリティーなんですが、何もあげませんよ!今日も定春はマイペースなやつでした・・・。



 



ここまでのコラムをまとめてみました


 ふと目に止まったブログがきっかけで、「もしかしたら秋田犬が保護犬になるのには小型犬とかとは別の理由があるのではないか?」と疑問に思ったのが始まりです。


www.akitainusadaharu.com


 ネットの情報だけを集めて、秋田犬保存会を勢いでディスってます。よくもまぁ、炎上しなかったな・・・。


ただし、この記事がきっかけで、保護する側と投資する側の立場があることを知りました。取材如何によってはそこも深く書いていく事になりそうです。


今は憶測だけで疑問を調べている状況なのでご察しください。


 


www.akitainusadaharu.com


 秋田犬保存会が主催している品評会について書かれています。


調べれば調べるほど悪評しか目につかず、また秋田犬の飼育を放棄する理由の一端も垣間見える記事です。


また、この話は元をたどると戦後から続いていることだともわかってきました。


保存会には取材の申込みを申請したのですが、ナシのつぶて。


しかしこの記事を執筆中に有力な情報を頂いています。もっとも裏取り出来ていないので書けませんが。


 


www.akitainusadaharu.com


 最新の記事がこちら。保存会の品評会で使われる審査基準を手に入れたので、それを載せました。


基準に満たされず、秋田犬として種の保存すら許されない子が捨てられている事実と理由が載っています。


ここまでわかっていることをまとめます


秋田犬が保護犬になる理由を題材にこのコラムを書かせていただいています。


現時点でこの理由についてまとめると、他の犬種とは少し違う事情が見えてきました。



  • 保存会主催の品評会が毎年開催される。

  • 品評会には厳格な基準があって、満たされないと出場すら出来ないこと。

  • 品評会に出される秋田犬は投資の対象であること。

  • 投資資金の回収が見込めない秋田犬は放棄されること。


つまりは・・・


秋田犬は投資の対象で、対価として賞を取った時の種付け料が跳ね上がり、それ相応の利益を生む犬である。


そして、


当然投資資金の回収が見込めない対象は放棄される。


とここまではネットだけでも事情が読めました。


そうなると小型犬等の愛玩ペットとは事情が違うと、そうなります。


小型犬は単純にペットショップで衝動買いした飼主が飼育放棄することで保護犬となります。無責任な飼主が放棄するのだから、それはそれで腹の立つことですね。


秋田犬の場合はそれよりもっと根の深い事情を抱えています。


例えば数年前は保存会主催の展覧会に出品されていた秋田犬も、年齢を重ねて種付けが困難になるか、品評会で賞を取れなくなると放棄されるといった事案も見受けられるのです。


取材に答えてくれる保存会があるかどうかは不明ですが、どうにかこの現状だけは皆さん知っておいてください。



コイツにもそれなりのドラマがあるんだなぁ~なんて、そんなことを考えながらこの件は続けて追いかけていきます。


個別で情報をくれた方、Twitterでこの話に乗っていただいて共感していただいた方、この場をお借りしてお礼申し上げます。しかし残念ながらこの話はもっと違う媒体で取り上げられるべきだと、そう思うのです。


ライターとして仕事を頂いているメディアでこの続きを執筆できるか、問いかけている最中です。もしこの続きがそちらの媒体で取り上げられたら、僕のTwitterかこちらのブログでお知らせしていきますので、Twitterアカウントをフォロー頂けますと大変ありがたく感じます。


twitter.com


Twitterは上記へ。


また、定春ブログのFBページを作りました。FBアカウントをお持ちでしたら、「いいね」を押して頂けると励みになります。よろしくお願いします。


尚、この事案にはかなりきわどい方々との斥候も控えてそうです。コメントを頂く時は「お問合わせ」から直接コメントを下さい。ブログコメントに記載していただいても結構なのですが、承認してしまうとあなたのブログURLが乗ってしまいます。ご迷惑にならないよう配慮は致しますが、そこもご察しください。