我が家に犬がやってきた!【Ray=Out!より転載】

 


f:id:haro33takoshi:20170526223956j:plain


※当記事はブログマガジン「Ray=Out!」より転載記事です。再編集して公開しています。Ray=Outはこちらから!


2016年7月、ひょんなことから我が家に1匹のワンコがやってきました。岐阜県の多治見市にある高速道路のSAで保護されたというワンコは、どこか落ち着きがなく、私の顔を見るなり何かモノ言いたげだったのです。



ただ、我が家にはちょっと内向的な長男、アレルギー症の長女、やりたい放題の次男と、3匹の怪獣がいるようなもの・・・「飼ってやりたいけど・・・」が私の正直な所でした。「飼い主が決まらなければ殺処分」さてはて、どうしたものか???



秋田犬って検索すると出るわ出るわ・・・


秋田犬がブームだ。


かのプーチンさんの愛犬も秋田犬らしい。そんなことよりこいつ・・・



2016年7月から我が家にやってきた秋田犬「定春」である。


掛け値なしに可愛いのだ。デカくても、である。
我が家にはアレルギー持ちの娘が居てとても飼えない。しかし引き取ってきたジジイ曰く「飼い主が決まらなければ殺処分」だそうだ。かわいそう以前に「なんでこんな犬が捨てられてんの?」のほうが大きかった。途方にくれた目をしていたコイツ、なんとなく不憫に思ってしまったので、私が引き取ることにした。


年間の犬、猫の殺処分は増えるばかりだ


f:id:haro33takoshi:20170213134123p:plain


www.koinuno-heya.com


 年間の犬の殺処分の件数が15,000件を超えているらしい。いろいろ調べていると、これでも減っているのだそうだ。


もう一つ気になるデータがあった。


f:id:haro33takoshi:20170213172729p:plain


こちらは流通移送中に死亡した犬や猫の数だそうだ。
見比べてみるとどうだろう?殺処分並みの数ではなかろうか?


これはペットショップの生体販売が寄与しているデータで、輸送中に死んでしまうケースの数。輸送中とは?と不思議に思う方もいるだろうが、ペットショップで売られている展示生体の事、どのように輸送されているかご存知だろうか?



ペットビジネスの闇。 引き取り屋  ペットショップ根絶を願う。


とまぁ・・・欧米では全く考えられない実態である。ってね、この売り方は中国や韓国と変わらない(あっちはほら、犬、食べるから)


一歩間違えれば定治はこんな劣悪な環境に居たのだ。SAに捨てられた時点で随分と劣悪なやり方だと思うし、そもそも元の飼い主はブリーダーを名乗っていたらしく、飼い切れなくなって捨てたのだと言うではないか。


それとなくカメラを向けてみた・・・


今ではこんな感じで家では自由にしています。割りと気に入ってくれたのか、野外でしか飼えない現状に我慢してもらうのは非常に申し訳ないのですが、結構うちにも侵入してくれてます。


f:id:haro33takoshi:20170510151713j:plainこんな感じでTV見ちゃったりしてます。


ペット=家族っていうのには少々違和感があります。正直な所、人よりも寿命の短い犬や猫って、いなくなってしまったことを考えると飼えないでいたのは事実です。ましてや毎日忙しくしていたサラリーマン時代、「散歩」という一つの仕事が増えることが嫌だったのです。「殺処分」という人にはない現実がペットなどの動物にはあり、「飼えないから殺す」っていう人の都合を押し付けた理不尽はいつになったらなくなるんだろうと、おぼろげながら考えてしまします。


というわけで・・・本業がライターになったことだし、機会を作ってペット業界の闇を追いかけてみたいと思います。面白いとかなんとか以前に、知らなきゃいけないことはたくさんあるんだなぁなんて、定春を見ていると思うのです。


で、定治くんにはブログのネタになってもらいます。できれば毎日、Twitterにアップ仕切れない内容も多々あるので、更新頻度高めに頑張って書きます!どうかお付き合いのほどよろしくお願いします!


あ、はてなアカウントを取得して下の「読者になる」ボタンを押すと、このブログの更新情報があなたのスマホやPCに届きます。簡単な操作だけなので、ぜひ一度ご検討ください!


はてなアカウントはこちらから!


 



週刊東洋経済 2016年9/10号 [雑誌](みんなペットに悩んでる)

週刊東洋経済 2016年9/10号 [雑誌](みんなペットに悩んでる)




※写真をクリックするとバックナンバーを購入できるページに飛びます。 



あ、そうそう、うちの定春さん、写真の号の週刊東洋経済にちらっと載ってます。でもこの号は非常に考えさせられる内容で、人間よりも生きられない生き物を飼うということは実はどうゆうことなのかを考えさせられました。


この号の内容も含めてコラム化した記事も随時更新予定ですので楽しみにしてください!