秋田犬「定春」の華麗なる日常

ひょんなことから我が家へやってきた秋田犬「定春」の日常を綴ったブログです。

定春日和「たまねぎ食った・・・ワン」

スポンサードリンク

本日も順調に張り込み。何を張り込んでるかは内緒らしいです。さて、今回は久しぶりに定春日和。ちょっとした事件がございまして・・・

目を離した一瞬で全部食べちゃいました(T_T)

がうがう~っと鍋の中の全部食べちゃいました。本日の献立は豚丼。玉ねぎ入りです。中学生の二人が塾だったこともあり、早めの夕飯をと作ったおかずをすきを見て食べてしまったようです。

うん、かなりきつく僕に怒られたので、ちょっと涙目。

あのね定春くん、君、犬なの。玉ねぎ食べたらお腹壊しちゃうよ。わかる??

って、飼主が気をつけないといけませんね。

玉ねぎはなぜだめなのか?

wanchan.jp

玉ねぎはなぜ犬に与えてはいけないのか?もう一度おさらいしてみました。

玉ねぎを含むネギ類(長ネギ、青ネギ、ニラ、ニンニク、らっきょう、わけぎ、あさつき等)には、「アリルプロピルジスルフィド」という有機硫黄化合物が含まれています。これは、薄黄色の液状で、ネギ類独特の匂いのもととも言われています。この「アリルプロピルジスルフィド」が、犬をはじめとする動物の赤血球内のヘモグロビン(酸素を結合する色素)を酸化させ、結果として、溶血性貧血という貧血を起こしてしまうのです。

と、玉ねぎを食べると何が悪いのか?「貧血」を起こしてしまうようです。ただし、どのくらいの量でこのような症状が出るのかといいますと・・・

犬の個体差にもよりますが、一般的にはわんちゃんの体重1kgに対し20g以上が致死量ではないかと言われています。たまねぎ1個食べても平気だった犬もいれば、一切れのネギや玉ねぎで、玉ねぎ中毒になったケースも多々報告されています。

うーんちょっとわかりにくいので、定春基準で考えてみましょう。先の引用にあるように体重1㎏に対し20gが中毒になる基準とします。

定春の体重が現在34㎏、この体重で中毒が起こるだろう玉ねぎの量は20×34=680gとなります。本日の玉ねぎはまるっと1個(200g)使用してますから、多分大丈夫ですね。うん、一安心。

しかし2、3日様子見かなと。

だからってバクバクあげちゃ駄目ですね・・・

f:id:haro33takoshi:20170719200902j:plain

この顔と目を見ちゃうとついつい食べてる物をあげたくなっちゃうんですよね。可愛いので。

今回の玉ねぎ騒動、Twitterのフォロワーさんに随分心配していただきました。多分ですが、だいじょうぶ・・・かな?ご心配おかけしました。

さて、明日からは怒涛の夏祭りラッシュです!定春は流石に連れて歩けませんが、土曜日は一宮市の七夕まつりに取材を兼ねて行ってきます。

梅雨が明けたはずなのにシトシトと雨が降ってますが、この雨に負けずに元気に行きましょう!!!